■Flash時計
■新着情報
■メニュー
■オススメ
■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ブログ内検索

■全記事表示
■犬のしつけ・病気etc
■QRコード

QRコード

■RSSフィード
■リンク

■リンク集■
相互リンク募集中

Pets!ペットの為のペットサイト
ペット服・ペット用品 Pets!Shop
Pets!Shop レディース&メンズ アウトレットストア
Pets!スタッフブログ
Pets!チャンネル ~youtube~
Pets!スタッフtwitter
人気ブログランキング
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
動物・ペット ランキング
PetCブログランキング
ブログ検索☆BITZ
小型犬情報サイト-OINU.NET
犬専門検索サイトBOW-TOWN
『DOG ONE Search』
ペットサーチ あにまる☆じゃんぷ
ペット★サーチ
動物&ペット検索エンジンあにまるサーチ!

Yahoo!ブックマークに登録

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
油断は禁物! 秋の健康管理【犬の健康】 油断は禁物! 秋の健康管理【犬の健康】 はてなブックマーク - 油断は禁物! 秋の健康管理【犬の健康】 このエントリーを含むはてなブックマーク
犬(フィラリア) 朝晩が涼しくなり、いよいよ秋らしい気候になってきましたね。
そんな過ごしやすい季節になると、つい手を抜いてしまいがちになるのが愛犬の「健康管理」です。

秋は夏の疲れを回復させ、冬に向けての体力づくりに大切な時期。
換毛期もやって来ますし、地域によってはノミやダニもまだまだ発生します。

飼い主さんの管理の下で愛犬の体調をしっかりと整えてあげましょう。

FC2ブログランキング動物・ペット



目次
消化不良や肥満に注意
ノミ・ダニ・フィラリア
被毛の手入れ


■消化不良や肥満に注意
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
涼しくなるとともに、犬も食欲が旺盛になります。

しかし、だからといって欲しがるままに与えていると肥満になる可能性があるので注意してください。
栄養を摂るのは、冬に備えて体力をつける為にも必要なことですがそのぶん運動も充分にさせて、きちんとバランスをとるようにしましょう。

また食欲が出始めても、夏に低下した消化機能はすぐには回復しません。

弱っていた胃や腸に多量の食べ物を入れると嘔吐や下痢をしやすくなり、体に余計な 負担をかけてしまいます。
しばらくは消化の良いものを与えるなどして、愛犬の様子を見ながら食事の量をコントロールしていきましょう。

■ノミ・ダニ・フィラリア
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
夏に比べてノミやダニの数も減ってはきますが、室内や草むらの中に潜んで根強く繁殖し、体に乗り移る機会を狙っています。
更に、これらに寄生されると体が痒くなるだけでなく、お腹の虫(瓜実条虫)や伝染病(バベシア症)にも感染する恐れがあるので涼しくなってからも警戒を緩めずにしっかりと予防を続けてください。

予防策としては定期的な駆虫薬の投与、室内の徹底的な掃除が効果的です。
天気の良い日には、普段犬が使用しているマットや犬舎などを日光消毒しておくと良いでしょう。

フィラリアの予防薬は、蚊が居なくなってからも更に1~2ヶ月程続けて投薬する必要があります。
夏に犬の体内に侵入したフィラリアの子虫が秋から冬の間に除去されていないと、冬の間に成長して心臓に寄生し、翌年以降に発症する可能性があるからです。

フィラリアは予防しないと生命にかかわる恐ろしい病気。
蚊が居なくなったからといって予防を中断してしまわずに、必ず11~12月まで投薬を継続してあげてください。

■被毛の手入れ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
柴犬、コーギー、ポメラニアンなどのダブルコートの犬種は換毛期が始まります。

換毛期は文字どおり毛が抜け換わる時期のこと。
個体差はありますが、通常は春~夏・秋~冬と年に2回あり、今の時期は夏毛からびっしりと密集した冬毛に生え換わります。
この換毛期にブラッシングを怠ると、抜けた毛が身体に付着して新陳代謝が妨げられ、体温調節がしにくくなる原因となります。

ですからブラッシングはこまめに、毎日行うようにしてください。無駄な抜け毛を取り除くのはもちろん、 マッサージ効果で血行が良くなり、皮膚や被毛の健康を促進します。

また同時に、皮膚の状態やノミの有無などの確認も行うようにすると良いでしょう。

----------------------------------------------------------------
避妊手術を行っていない雌犬は、発情を迎える子も多くなります。
生理バンドを用意し、特に散歩中は他の犬の様子にも気を配るようにしておきましょう。


※メルマガvol259より

しつけや病気の情報が満載
Pets!メールマガジン登録はこちら↓
メルマガ登録はこちらから
携帯はコチラ
FC2ブログランキング動物・ペット

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

犬のお手入れ | 15:52:39 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。